初診専用ダイヤル
0120-72-4499

住所
〒560-0032
大阪府豊中市蛍池東町
1-3-17

診療時間
10:30〜20:00
10:30〜20:00
10:30〜20:00
休診日
10:30〜20:00
9:30〜18:00
9:30〜16:00
祝祭日 休診
日曜診療は月1〜2回

メールアドレス

kyousei@higashisawa.com









プライバシーポリシー

リンク

当院で使用している最新ワイヤーの紹介です。多くの矯正歯科で使用されているワイヤーよりも歯にかかる負担が少なくなっています。(歯に優しいワイヤーです。)

カッパーNi-Ti(治療初期段階で使用)

ニッケルチタニウム合金(従来の矯正歯科医院で
初期のワイヤーとして良く用いられています。)
とは異なる利点を持つ4つの元素(ニッケル、チタニウム、銅、クロム)からなる新しい合金です。

利点
1.痛みが少ない
2.歯の移動がはやい
3.歯および歯周組織に対してやさしい
4.来院間隔が長くできる(6週間隔で来院)

カッパーNi-Tiとはどういうワイヤーか?
カッパーNi-Tiとは温度設定がある形状記憶合金です。
温度設定が27℃、35℃、40℃の3種類があり
用途によって使い分けます。
設定された温度以上になるとワイヤーの復元力に
よって歯が移動していきます。
左のワイヤーは35℃設定のカッパーNi-Tiです。
35℃以下の温度にする為に氷水につけています。
カッパーNi-Tiは温度設定以下の場合は
ワイヤーの復元力が無くなり、
左のように手で軽く曲げてしまうと元に戻りません。
拡大するとこの様になっています。
次にワイヤーの温度を35℃以上にする為
温水にワイヤーをつけています。
ワイヤーの温度が35℃以上になることにより、
ワイヤーが元の形状に復元します。
カッパーNi-Tiを使用した治療例
およそ治療開始から10週間後の
状態です。カッパーNi-Tiは従来の
矯正初期に使われるワイヤーの
約40%の力しか歯にかかりませんが
従来より歯の動きはスムーズです。
従って、痛みが少なくなおかつ治療期間を短縮できます。